小林産業の家づくり

 ZEH(ゼロエネルギーハウス)

小林産業は、2020年(平成32年)省エネ法義務化に向け、ZEHの普及に取り組んでいます。

[ZEH(ゼロエネルギーハウス)とは、住宅の断熱性能や設備の省エネ性能の向上、再生可能エネルギーの活用等によって、年間の一次エネルギー消費量よりも、住宅で創り出したエネルギーの方が正味(ネット)で上回る、もしくはその差がゼロになる住宅のことをさします。]

ZEH目標率&実績  

  • 2016年/目標10%・・・実績12%(Nearly ZEHのみ)
  • 2017年/目標20%・・・実績 8%(Nearly ZEHのみ)     
  • 2018年/目標30%・・・実績  %
  • 2019年/目標40%・・・実績  %
  • 2020年/目標50%・・・実績  %

 スーパーウォール工法(SW工法)

スーパーウォールの家は、夏涼しく、冬暖かい。一年中快適な住い。小林産業は、スーパーウォール工法を採用しています。

製材からの一貫工事

無垢の木には、優しいあたたかさがあります。木のよさを活かしながら、製材士が一本一本丁寧に製材した木材使って住いを造り上げます。住む人に優しい木のぬくもりを伝えます。